薄いだけじゃない、PRSの理想の塗装

PRSの塗装については、その時代によって塗装が変わっていたりしています。2011年付近ではV12という塗装、ここ2,3年ではトップコートがNITRO(ラッカー)とアンダーコートがCABに変更されたりと未だに理想の塗装を探求していることが伺えます。

 ★PRSの塗装に関する記事:PRSのラッカー塗装とNOCPRS S2 シリーズの塗装の秘密

そんなPRSの塗装に関する考え方が紹介されていましたのでご紹介します。PRS USA工場の紹介動画の途中部分です。

理想の塗装は

そのまま抜粋しただけですが・・・・、

「大体の人はフィニッシュを保護膜と考えます。PRSもそうだと考えていますが、それ以上に音質に与える影響を考慮します。フィニッシュ次第で最終的なギターの音が決まります。
フィニッシュがあまり厚いとギターの音を殺してしまうし、硬さが足りなくても一緒です。そのため、PRSでは薄くて硬いフィニッシュを施すよう工夫を重ねています。同時にギターの美しさを活かす透明性も維持しています。
PRSの考え方としては見た目が良く、弾き心地が良く、音が良くあるべきです。」だそうです。

最近のPRSの塗装

U.S.A.製のギターのベースコートの厚さは1/6000インチと髪の毛の幅の半分くらいみたいです。これだけ薄い塗装を均等に仕上げるために、一貫性のある正確な仕上がりが毎日継続できるロボットが導入されています。SEも同じように自動化されています。

そして、最終的な仕上げとなるトップコートはスプレー職人によっておこなわれます。

すべての塗装が終了した時の塗装の厚みは髪の毛2本分以下という薄さだそうです。(S2シリーズやSilver SkyなどのBOLT-ONシリーズも同じ塗装です)

まだまだ続くPRSのブラッシュアップ。今後仕上がってくるギターも楽しみです。