センターブロックの秘密(ROZEO)

 注目度がますます上がっているROZEOのセミアコですが、またまた人気&話題のこのモデルが入荷しました!! Ladybug-CB(センターブロック)のほぼほぼ関口シンゴさん仕様です!

ところで、Rozeoのセミアコのセンターブロックはこうなっています!! (セミアコにとってセンターブロックは非常に重要で、使用する木材の種類や機構によってサウンドに大きく変化します。)

ROZEOレギュラーモデルの場合はメイプルとマホガニーが使われています。これをひとかたまりにした後、ピックアップ部分をはじめ所々がくり抜かれています。これにより軽量化も図れますし、コンパクトなボディながらも、より箱鳴りっぽい雰囲気になるというわけです。

ところで、左右対称でなく6弦側が大きくくり抜かれていますが、なぜだか分かりますか?

それはボディの重心を考えてのことみたいです。抱えた時のボディの重心をやや下にすることで、ギターのおさまりを良さを狙ったものです。

センターブロックは木の塊なので、これだけの違いでも意外と重量バランスが変わるんですね~!

前回ブログの少し大きめなヘッドを採用した事といい、今回のセンターブロックの工夫といい、ギター全体の重量バランスによる弾き易さも意識しているのが "ROZEO"  なんですね!!


現在NHKで放送されているアニメ「キングダム」にハマっています。前回は3回リピート鑑賞しました!!


フォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。