PRSの塗装は厚いのか?

PRSの塗装は厚い・・・PRSの話になると時々言われるフレーズです。

自分の認識としては2011年に「V12」と言われる塗装に変わってからは塗装が随分薄くなったと思います。(「V12」という単語もいつからか言われなくなりましたが・・・)

どれくらい薄いかというと、こんな感じです!!

2013年製のコアモデルで、普通に演奏し続けただけなのに塗装が剥げてきています。以前のPRSでしたら「本体をぶつけて、クリア部分が剥離して、そのまま使っていらた色が剥げてきた・・・」という状態です。個体差があるかもしれませんが、こうなりうる程に塗装が薄いというワケです。

以前にこの塗装について聞いた時に「トップラッカー塗装のDGTモデルの塗装の厚みが髪の毛1本程度と極薄だったが、V12はそれより薄い」と聞いたことがあります。その時は「アンダーコートがポリだからトータルでの厚みはどうなんだろう?」と思っていましたが、かなりの薄さです。 研磨してみようという方は気を付けないといけませんね:汗。

<2020年から塗装が刷新>

ご存知の方も多いと思いますが、今年からUSA工場で生産されるギターは塗装が刷新れています。”Nitro Over Cellulose” と言われるもので、プライベートストックで行われていた塗装方法のうちの一つみたいです。薄く、硬く、クリアな仕上がりみたいで、ギターの響きが良くなっています!!

ひと昔前のPRSを試されて「PRSは塗装が厚いから鳴らない…」と感じている方は是非、最近のPRSを試してみてはいかがでしょうか?

当店でもお試し頂けます。PRSを所有されている方も弾き比べてみてはいかがでしょうか!?

<番外編>

最近、こんなレアモデルが入荷しましたのでチラ見せします!!

「Silver Sky Nebula」(売却済)

国内入荷は13本、名古屋にはこの1本だけだそうです。諦めていましたが、まさかの入荷でした!!


【公式LINE始めました!!】

ギターやお店にまつわる情報をアップしていきます。登録お待ちしてます!! (バナーをポチッとして「追加」を押すだけで登録出来ます)

【オンライン営業開始!!】

気になったギターがあるけど、色目やトラ目の雰囲気がネットの画像だけでは伝わらない」「中古ギターのキズやコンディションを確認したい」 という方にオススメの”お店に行った気分でギターのチェックや買い物が出来る” 当店初の営業形態です。 気になるギターを見つけたらぜひご利用下さい!! くわしくはバナーをポチっとして下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP