PRSの魅力~チューニングの安定について(2)~

PRSのギターは「チューニングが安定している」といわれいます。

チューニングが安定している要因の一つはオリジナルのナットにありますが、 (関連記事:PRSの魅力~チューニングの安定について(1)~) 、ペグが”ロック式 ” であるという事もあるのではないでしょうか!?

普通のペグは弦がポスト部分に巻き付けてあります。弦交換の時にその巻き付け部分に隙間が出来ていると、弦を張って馴染むまでの間はチューニングが狂い易くなりがちです。それに比べ、ロック式ペグはポストに巻き付ける必要がありません。新品の弦でも早い段階で馴染み易く、チューニングが早く安定するのではないでしょうか。 

巻き数を気にせずに弦交換出来るのもありがたいですね。いつでも同じ弦のテンションになります。

SE用のロック式ペグも発売されました。SEを所有されている方も交換を検討しても良いかもしれませんね。 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP