単板か合板か?

ピックのディスプレイケースを新調しました。愛媛県産の杉を使い、手作業で作った物です。塗装はされていませんので、木材そのもの感触とかすかな匂い木の香りに癒されています!!

さて、アコギやフルアコをご覧の方から「単板と合板だと、単板の方が良いんでしょ?」と質問される事が多いんです。 以前でしたら「そりゃ単板の方が良いですよ~!」と即答していましたが、今はちょっと違います。アンプを使うことが多いのか、ライブで使うことが多いのかなどの使い方によって答えが変わってきます。

”生音で弾いて気持ちイイ音” という方には、アコースティックなら単板をオススメしていますし、ライブやアンプを使う方にはコンパクトでボディが鳴り過ぎない物をオススメしています。最近入荷したVGについては、同じボディのサイズでボディサイドを合板(エレアコ仕様)、単板(アンプラグド)とそれぞれ作り分けています。アコギについては単板の方が鳴りが強くなり、ハウリングを起こしやすくなるから、合板にしてボディ鳴りを引き締めているとの事です。

やはり箱モノギターは奥深いですね!  フルアコにつきましてはまたの機会に!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP