ギターの弦高調整について

当店では”ギターを弾く楽しさをもっと味わってほしい” という気持ちで、弾き易いと感じていただけそうな弦高調整を行っています。

ただ、この”弾き易い”というのがちょっと厄介でして・・・。

弾き易いかどうかの感じ方は人それぞれです:汗。 ギターの種類も数えきれませんし、さらにネックや指板の種類やラジアスも違いますので、そのギターそれぞれで弦高やバランスを変えなければいけない事があります。

そんな”正解の無い”弦高調整ですので、当店では試奏された方々の感想を参考に日々試行錯誤しています。そして、ずっと葛藤している事があるのです・・・。

メーカー推奨の弦高との違い

現時点での当店の基本的な弦高の目安は、エレキギターの最終フレットで2mm前後、フルアコは2.3mm前後です。

実は、この高さはメーカー出荷時よりやや低めの設定となる場合が多いのです。ですから、入荷したギターは大概弦高を低くされます。ハイエンドクラスのギターほど弦高が指定されていて、きっちり指定通りの弦高調整がされています。場合によってはそのギターの弦高も変えてしまう訳ですから、”メーカーの推奨を無視して弦高をイジるなんて!(怒)” と思われるかもしれません。

先日、PRSのギターを使って、弦高の違いで音や鳴り方がどの様に違うかを検証してみました。すると、たった1mmの違いでもギターの鳴り方に変化を感じました。ちなみに先日のT`s Guitarsのイベントで高橋代表が調整されたギターは、調整前と比べると生鳴りがしっかりしていた様に思いました。(弦高が低くても良い音、良い鳴りがするんですが・・・。)

参照(PRS推奨弦高:12フレットで1.6mm  T`sGuitars推奨弦高:12フレットで1.5mm)

・・・ということで

”このギターの良さを存分に味わいたい” というのであれば、本来の姿であるメーカー推奨の弦高調整にするべきかもしれません。しかし、その弦高が ”何となく弾き心地が良くない…” という印象を受けるのであれば、そのお客様にとってはベストな状態ではないという事になります。どのようにして「メーカーの推奨の弦高調整」の良さを生かしつつ「弾き易いと思われる弦高調整」に近付けていくか、今後の課題です。 まだまだ試行錯誤&葛藤は続きます!!

*もちろん、”メーカー推奨の弦高で弦高調整を”というリクエストにもお応えいたしますので、お気軽にお申し付けください!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP