PRSのウイング・ロック・ペグの交換

永年愛用している95年製CUSTOM24のペグの具合が怪しくなってきました・・・汗。手に入る新品のPRS純製ペグを取り付けるには、新しくネジ穴を空けたり、加工や造作が必要になります。

「どうせなら加工はしたくない・・・・」っということで、シャーラー製「M6」に交換する事にしました。同じメーカーで、基になっているモデルですし・・・・。

ウィング・ロック・ペグ

現在付いているペグは「ウイング・ロック」ペグで、ポストとウイングの内壁を挟んで弦をロックする構造となっています。3弦と4弦のネジ穴部分は削られています。

シャーラー「M6」

ウィング・ロックペグと比較すると

シャーラー「M6」の方が微妙に小さく、弦の通る場所が低くなっています。サイズはほぼ同じです。

取り付け後

加工なしで取り付け出来ました!!

ネジ穴のごく僅かなズレがありましたが、指摘しないと判らない程度だと思います。また、シャーラー「M6」の方がサイズが小さいので、元のペグの跡が僅かにみえます。3、4弦用の加工もヤスリで出来ました。

同じペグのPRSをお持ちの方で、交換を検討されている方は参考にしてみて下さい。なお、交換した事で音が変わりましたので、現在の音が気に入っている方はお気を付けください。

<ご注意下さい>

*シャーラーのワッシャーはヘッドに埋め込むタイプとなっています。このワッシャーを装着する場合、ヘッドの穴をならす程度に削る必要がある場合があります。

*1弦、6弦はペグボタンとヘッドとの隙間がギリギリになります。


当店ではシャーラー「M6」の取扱いをしております。国内に在庫がない場合の納期は注文後2~3ヶ月となります。

お問い合わせ、ご注文をお待ち致しております。

お問い合わせフォーム

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP