PRSパーツ関連

DGT
PRSの ”DGT” ピックアップの素晴らしさ

こんにちは、店主の松原です。先日、「木下大サーカス」を観に行ってきました!テレビや動画と違って、空気感も味わえるし迫力も違います! やはり肌で感じることが出来るリアルは良いですね~!!  当店に入荷したPaul Reed […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSの配線変更しました【5Way ⇒ 3Way + Push/Pull】

先日お客様からPRSギターの配線についてある依頼を承りました。 内容としては、現行の「5ウェイのブレード・スイッチ」から「3ウェイ+タップのON/OFF」へ変更、というものです。 搭載されているのはPRS純正の57/08 […]

続きを読む
PRSパーツ関連
また、PRSのブリッジを交換してみました!!

最近は確定申告があったり、ホームページ編集や企画要項作りなどのパソコン仕事が多くなっていたせいか、いつにも増して背中から肩がガチガチです・・・。 そんなパソコン作業をそっちのけにして、またPRSのブリッジを載せ替えて検証 […]

続きを読む
GUITAR全般
PRSはここまで拘っている!

ギターのあらゆる部分を追求した結果か、ほとんどのパーツがオリジナルとなっているPRSのギターですが、ポッドもオリジナルなんです!! トルクはちょっと軽めです。 ポッドはサウンドにも影響しますし、コントロールの追従性の良し […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのブリッジを交換してみました!!

好奇心ゆえにチャンスがあるとついついやってしまう事があります!! それは”パーツを入れ替えてどう変化するか検証してみたくなる”という事です。 そのせいで、自分のギターを何回分解&組み上げをしたことか・・・汗。 今回はPR […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRS ”TCI” ピックアップ

昨年秋に発表された” TCI(チューンド・キャパシタンス・アンド・インダクタンス)”ピックアップ 。発表後から徐々に移行され、今年初めから本格的に移行されているみたいです。 TCIになって具体的に何が変わったのか?という […]

続きを読む
GUITAR全般
コイルタップの音を太くする方法

4芯のハムバッカーは配線の仕方によって”コイルタップ”が出来ます。SSHのコンポーネント系ギターの殆どはリアのタップが出来る様になっています。 タップした時はコイルの片側だけ音が出ていますので、シングルコイルっぽい音にな […]

続きを読む
PRSの魅力とは?
PRSの魅力~チューニングの安定について(2)~

PRSのギターは「チューニングが安定している」といわれいます。 チューニングが安定している要因の一つはオリジナルのナットにありますが、 (関連記事:PRSの魅力~チューニングの安定について(1)~) 、ペグが”ロック式 […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRS S2にCOREのブリッジは取付けられるか?

PaulReedSmithの定番モデルであるCUSTOM24ですが、それぞれのグレード(CORE、S2、SE)でラインナップされています。COREとS2シリーズについては工場が同じで、 ギターにとって最重要となる木材につ […]

続きを読む
PRSの魅力とは?
PaulReedSmithだからここまでやる

PRSの現行のエスカッションの特徴は、ピックアップのマウントネジの所が凹んで います。 (演奏中にピックが当たってしまう事で、ピックアップの高さが変化することを防ぐ為です。) そこまで細部まで着目するメーカーは少ないです […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのエスカッションを交換する時はここを注意して下さい!!

Paul Reed Smithのギターパーツはメーカー特注仕様やオリジナルの物を使用しています。特にコア・モデル(CUSTOM24、McCarty等のU.S.A.定番モデル)は殆どが 特注仕様やオリジナルパーツを使用する […]

続きを読む
PRSパーツ関連
”SilverSKY”のブリッジをフローティンさせてみました。

発売当初から現在までも注目されている、ジョン・メイヤーのシグネイチャーモデル Paul Reed Smith ”SilverSKY”。 ジョン・メイヤーの意向と本人が演奏しやすいようにあるゆる工夫を凝らした実践向きのモデ […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのポールピースは山型!!

細かい話かもしれませんが、ピックアップのポールピースの高さを気にした事はありますか? ポールピースは弦との間隔でアンプからの音量やアタック感が変化します。 ですから、各弦のポールピースの高さのバランスが変われば、コードや […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのウイング・ロック・ペグの交換

永年愛用している95年製CUSTOM24のペグの具合が怪しくなってきました・・・汗。手に入る新品のPRS純製ペグを取り付けるには、新しくネジ穴を空けたり、加工や造作が必要になります。 「どうせなら加工はしたくない・・・・ […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PaulReedSmithのブレードスイッチとスーパースイッチ

PRSのアッセンブリーにも独自性があります。例えばピックアップの場合、他メーカーの場合はコイルタップが出来る様に4芯になっていますが、PRSの場合は「タップ線」として1本まとめられた状態の3芯となっていたり、タップ時に音 […]

続きを読む
PRSの魅力とは?
“GENⅢ”にみる、PaulReedSmithのコダワリ!!

”Paul Reed Smithのギターはチューニングが狂いにくく、使い易い” と評判ですが、搭載されているトレモロ・ブリッジもその要因の1つです。 PRSのブリッジはシンクロナイズド構造を基本としたオリジナルで、素材は […]

続きを読む
PRSパーツ関連
遂に発売!! PRS純製「BONE NUT」。さっそく取り付けました!!

Paul Reed Smithの世界的ヒットモデル「McCarty 594」に採用されている「BONE NUT(ACC-4289) 2個セット¥4,860-」が遂に市販化されました。 McCarty594 発売当初より、 […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのブリッジ調整の試行錯誤

 空いた時間が出来ると、ギターのメンテナンス作業のクオリティをアップさせるための練習と作業手順の見直しをしています。 なぜかというと ”より正確かつスピーディーな作業” ができる様にしたいからなんです。 個人店 […]

続きを読む
PRSパーツ関連
PRSのアッセンブリーの変更を考えている方に!

Paul Reed Smith(以下PRS)ユーザーの方で、”音作りを少しだけ変えてみよう” と思っている方はみえませんか? PRSにはいくつかのアッセンブリーがあり、その中にはごそっとシステムの交換が可能な物もあります […]

続きを読む
PRSパーツ関連
Paul Reed Smithの"Brass Insert"テイルピースについて

Paul`s Guitar の特徴の一つであるブリッジについて書きたいと思います。 パーツへの拘りが強いprs ですが、ナットとブリッジについては未だに研究されている様です。どちらも弦との接点になる部分ですので、サウンド […]

続きを読む
GUITAR全般
PaulReedSmithのコイルタップについて

こんにちは、GOLD STAR 松原です。 ハムバッカーならではの配線方法に、「コイルタップ」があります。 本来のハムバッカーの音に加え、片側のボビンをキャンセルする事によりシングルピックアップの様な音に出来るという物で […]

続きを読む