冬にむけてのギターの準備はできていますか?

こんにちはゴールドスターの松原です。2022年も終わりに近づきクリスマスやお正月などの行事がやってきます。基本的に季節感のあまりない店内ですが(汗)、ちょっとずつ飾り付けをしてご来店いただいた方に季節感を味わっていただけるようにしたいなと思っています。

そんなわけで、今年から光るクリスマスツリーを飾っています!!

PRSが作った2022年限定オーナメント(写真右)が入荷しましたが、残り店頭販売できる1個だけとなってしまいました。2023年版が発売されることがあれば多めに注文したいと思います(汗)。手作業で作られているのですが、こういうあじのある小物は眺めていると気分がほっこりします!!

 地域にもよりますがゴールドスターのある中部地方はこれからの季節は湿度は下がりネックが動くことが多くなってきます(日本海側だと雨や雪の日が多くなり湿度が高くなることでネックが動くみたいです)。特に今年の夏は雨の日が多く湿度が高い日が続いたので、例年よりネック調整をすることが多かった気がします。そして気温や湿度が変化し、再びネック調整が必要になっている可能性が高くなっています。指板やネック材が湿気を吸ったり吐いたりすることでネックが動きやすくなるというわけです。

もし「最近弾き心地が変わったな…」と感じるようでしたら一度ネックの反りをチェックしてみてください。 反ってるか判断する目安として、12フレット付近でいつもより弦高が高くなったなと感じる場合は”順反り”、開放弦やローフレットを押さえた時に「音がビビったり詰まったりするようになったな」と感じたら”逆反り”している可能性が高いです。

当店でも診断やネック調整をしていますのでご相談下さい!!

あと、乾燥しすぎて指板の色が白っぽくなったり、カサカサしていたらレモンオイルなどで保湿しておいてください。

フォローお願いします