ロッドの微調整をすすめる理由

こんにちは、店主の松原です。

昨日はバレンタインデー。今までとにかく何かをプレゼントしていてくれた娘が「お金がないから今回はナシね…」っと。少しずつ成長している事を感じた瞬間でした:笑。

 「ご自身のギターのセッティングを少し見直してみようかな?」とお考えの方に実験してみていただきたいのが、"トラスロッドの微調整"。トラスロッド調整と言うと、反ってしまったネックを正常に戻すための作業と認識されています。基本的にはその通りだと思います。

 ただ面白いことに、わずかにロッドを動かしただけでも弦やネックの響き方が違ってくるんです!毎日のように触っているギターであればよりその変化を感じられると思いますよ!

【方法】

 許容範囲内で少しずつロッドを回していきます。目安としては15度ずつくらいで。下の画像のようなイメージです(ほんとに僅かです)。

【変化の具合】

ストレートな状態になるほど弦やネックの鳴り方の立ち上がりがタイトでストレートになります。逆に順反り方向にしていくと。少し含みを持たせた立ち上がりと広がりのあるネックの鳴り方がしてきます。

どの部分がベストかは個人の好みにもなると思いますが、1度試してみると面白いと思います。ちなみに当店ではPRSは少しストレート寄りに、Rozeoはやや順反り寄りにする事が多いですが、結局は1本1本試しながら決めています。

同じギターでもセッティングで変化するのものです。奥が深いですね~。


 ネック強度やロッドの効き方やネックが鳴りやすい鳴りにくいなどの特性によっても個々の違いがあります。またロッド微調整は自己責任の下でお試し下さい。

 調整に慣れていない方、興味はあるけど面倒くさい!という方は当店をご利用下さい (ロッド微調整&検証費用¥2000〜/本体のタイプによってはお断りする事があります)

フォローお願いします