ギターを手に入れたらまずやる事

こんにちは!店主の松原です。

先日、息子の幼稚園の運動会があったのですが、コロナウイルス感染予防のために学年ごとに時間を区切っての開催でした。以前は別の場所にある大きな運動場で盛大に行っているので、それと比べると寂しいですね…。でも子供はどこでも元気に演技してるのでさすがです!!


当店にギターが入荷した時にいろいろな作業を行うのですが、その中でも必ずといって良いほど行う作業があります。それは”フレット磨き”なんです。

「ピカピカだと見栄えが良いから!!」ということもありますが、左手の弾き心地がよりスムーズになるのでフレットを磨きます。スライドやチョーキングする時に滑らかだと気分良くないですか?

工場でもすり合わせ工程などでフレットを磨きますが、仕上げが甘かったり完成してから日数が経ったことでくすんでいたりすることが多いんです。

皆さんも、久しぶりに弾くギターのフレットがくすんでいたら、磨いてみてください!弾き心地が変わりますよ!! 

 フレットを磨く時は、フレット磨きプレート、クロス、金属磨き(コンパウンド等)があれば大丈夫です。もし面倒に感じる方は「フレット・バター」というクリーナ液が染みこんでいるクロスを使うと結構キレイになります。

クリーニング用品も当店で扱っていますので、よろしければ相談して下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP