PRS S2 McCarty594 発表!! あらためてMcCarty 594とは?

いよいよナムショーが始まりますね。

ウェブ上で新作がチェックが出来る便利でスピーディーな時代ですが、会場の空気と熱気を味わいたいですね!!

そしてPRSから遂にMcCarty 594 のS2バージョンが発売となります。オールマホガニーボディとして「S2 McCarty 594 Thinline」というモデルも出ました。国内入荷の日程やか価格等の詳細はまだ不明ですが、McCarty594 自体の高い評価と大きな話題から考えると楽しみではないでしょうか。個人的にも楽しみです!! 

またまた大きな話題となりそうな「McCarty594」について、

<McCarty 594とは>

ギブソンの元社長だったテッド・マッカーティーに師事して1994年から作られているMcCarty。レスポールを意識していると思いますが、予備知識がないと分かりづらいかもしれません。そしてMcCartyをさらに50年代レスポールに寄せていったのがMcCarty594です。モデル名の594は、ポールのレスポールのスケールが何度計っても24.594インチだったというエピソードから来ています。

McCartyとの大まかな違いは、スケール、ネック形状、ブリッジの種類となります。

ポール本人はずっとビンテージギターを研究している様で、数多くのビンテージギターを触ったり弾いたりしているそうです。そうしながら楽器として良い個体のギターの傾向を把握しながらPRSのモデルに盛り込んでいるのでしょう。McCarty594はパーツやスペックを真似てビンテージレスポールのサウンドに寄せていくというよりは、木材の響き方などの構造的な部分に着目し、レスポールを核とした ”良い個体の50年代ギター” のエッセンスに寄せていったモデルではないでしょうか。

ちなみに当店で購入された方の中には「今までPRSのギターは苦手だったけど、McCarty594はすんなり受け入れられた!!」という方もみえます。もしかすると、PRSのキャラクターの幅を広げたモデルかもしれませんね!!

まだMcCarty594を試したことがない方は是非試してみて下さい!!

*PRSサイトはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.06.24

    日々精進

プロダクト一覧

PAGE TOP