CUSTOM24 と CUSTOM22 を比較

Paul Reed Smithのモデル名である 「CUSTOM(カスタム)」。 PRSに興味のある方はもちろんですが、あまり興味のない方も何となく聞いたことのある名前ではないでしょうか?

その「CUSTOM」にも24フレットと22フレットがありますが、その違いとは・・・・。

大まかに言ってしまえば、音の太さが違い、ネックの握り心地や指板ポジションが若干変わります。

<音の太さ>

構造上は若干の違いかもしれませんが、音の太さが違います。特に音の芯の太さが違っています。CUSTOM22の方が太く感じます。 元々はユーザーから「ハイミッドレンジの強いサウンド」という不満が上がっていた事やポール本人が22フレットの音の方が好きである事が経緯となり、Dragonシリーズを経て誕生したのがCUSTOM22 ですので、当然かもしれませんね。

ネックヒールの面積を大きくなっていて、CUSTOM24よりもやや厚みをもたせたPattern(以前はWide Fat)となっています。

左)CUSTOM24、右)CUSTOM22

ただ、”音が良い”とか”音が悪い”というよりは、どちらが好みか?どんな音を作りたいかで選択が分かれるでしょう。

<ネックの握り>

CUSTOM22の方がネックが太くて幅広いシェイプとなっています。またヒール部分の飛び出し面積も大きいので弾き心地もガッチリした感じになります。CUSTOM24はシェイプが2種類ありますので、プレイスタイルに応じて選べます。

それぞれのネックシェイプの種類は

CUSTOM24・・・・Pattern Regular(以前のRegular)またはPattern Thin(以前のWide Thin)

CUSTOM22・・・・現在はPattern(以前は Wide Fat)」のみ。

*ナット付近の指板幅:Pattern Regular < Pattern = Pattern Thin、ネック厚:Pattern Thin < Pattern Regular < Pattern( ジョイント部分のサイズは共通。 )

<その他の違い >

・ギターの全長が違います。

・ピックアップ同士の間隔が違います。

・ブリッジの付いている場所が違います。

などなど・・・。

フレット数が違うだけという単純な内容では無いことが判ります。

<最後に>

なんとなく違いがお分かりいただけましたでしょうか?

ちなみに、CUSTOM24は工場生産時よりずっと作られ、現在でも1番販売されている超定番モデルです。生産本数も多いですし、日本に入荷している本数もCUSTOM24が圧倒的です。その影で(?)CUSTOM22 という別の魅力を持つモデルにも注目してみては如何でしょうか!?

当店にも「CUSTOM24」、「CUSTOM22」の展示をしています。興味のある方は是非比較してみて下さい!!

関連記事:PRS 24フレットと22フレットの違いついて(アメブロ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP