コンパクトで軽い、そして しっかりとした箱鳴りとサウンド

 ”ブルースマンがさりげなくつま弾くカッコイイギター”というコンセプトのもとで設計された ROZEOのギター は、コンセプトのとおり 気軽に演奏が楽しめて 、愛着がすぐに湧いてくるほどの魅力があります

サウンドやバランスも素晴らしく、試奏される方の想像を裏切らない仕上がりとなっています。

 「興味はあっても、なかなかフルアコやセミアコのギターに手が出せない」という方にとっても馴染みやすいギターです。

エレキギター(ソリッド・ギター)派にも嬉しいコンパクト・ボディ

レスポールよりひと回り大きいくらいのボディサイズ(約14インチ)。右ひじを張って弾くこともないのでソリッドギターばかり弾いている方でも違和感なく演奏できます。

思わず「軽い!」と言ってしまう程の軽さ

 フルアコモデルなら総重量は2kg前半、セミアコでも3kg前半という軽さなので、立って演奏したり長時間の演奏も助かります。(ストラトキャスターでは3kg前半で軽量と言われることが多いです)

しっかり鳴ってます

工夫された製造方法によってトップ材を薄くしてあり、このコンパクトサイズでもしっかり鳴っています。また、トップ材を薄くすることで懸念される弦張力に対する強度も考慮された設計となっています。

気持ち良いサウンド

明瞭でバランスのとれたオリジナルデザインのピックアップ。サウンドに影響する取付位置にもこだわりがあります。

セミアコ・サウンドの要、オリジナルデザインのセンターブロック

セミアコにとってボディ中央のセンターブロックはギターのサウンドを決める大きな要因です。老舗工場で積み上げられたノウハウに基づき開発されたオリジナルのセンターブロックにより、豊かな倍音の出る素晴らしいサウンドとなっています。

ブログ記事:センターブロックの秘密(ROZEO)
主なモデル
Ladybug SM-TBC、SM-C

Rozeoのベストセラーのフルアコ。ブルース系はもちろんジャズ系ギタリストからの評判も良いです。ボディトップはスプルース、サイド&バックはメイプル材。弾けば弾くほど惹かれます。

Ladybug Mahogany-TBC、Mahogany

元祖Rozeoともいえるオール・マホガニーボディのフルアコ。気持ち良い箱鳴りと軽快なサウンドが魅力的です。ノンカッタウェイの深胴(7センチ)とカッタウェイの浅胴(4.4センチ)があります。

Ladybug-CB(セミアコ)

ネオソウル、ブルース、ジャズ系のギタリストから人気のセミアコ。関口シンゴさんが所有し使用されていることでも認知されています。コンパクトサイズながらも明瞭さと箱鳴りが感じられる秀逸なサウンド・デザインがされています。

Ladybug Limited (セミオーダーetc.)

自分だけの仕様でオーダー出来て、ワンランク上のROZEOが手に入ります。しばらく受注がストップとなっていましたが、2023年より遂に復活しました!サウンドもさらにグレードアップします。見積もり・納期等はお問合せ下さい。

”ROZEOの生みの親“ 樋口恭大 氏談

 ”ブルースマンがさりげなくつま弾くカッコイイギター” をコンセプトに立ち上げましたが、お客様からの要望に応える形で様々な仕様のROZEOが出来てきました。現在は「20年後、30年後にあの頃の寺田楽器で作ってたROZEOって良いよね」と言って頂ける様な誠意のある物を残していきたい気持ちで作っています!

 弾きやすさと音のバランスには拘っていて、特に苦労したのはピックアップでした。何種類もサンプル品を作った末やっと納得いくサウンドになりました。P90タイプについては取付位置を決めることにも苦労しました(汗)。“この場所の音が良い”と思える場所を見つける為に位置をミリ単位でずらしながら探しました!

 現在はROZEOのプロデュースを続けながら、郡上八幡で”佐波工房”を立ち上げ製作活動も行っています。(GOLD STARでは”佐波工房”の取扱いも行なっております。)

創業100年以上の寺田楽器 (愛知県) で製作


紹介動画