Rozeo/ Ladybug SM-TBC

”敷居の低い、気軽に弾けるフルアコ”をお探しの方、"フルアコが苦手かも…"という方に是非弾いて欲しいギターです。
”コンパクトボディでバカ軽、バカ鳴り” という魅力の背景には、寺田楽器の技術力とデザイナーであり中心人物の樋口氏のコダワリが詰まっています。ファンも続出中の純国産ブランド。

カテゴリー(Rozeo/ in stock)

Color Wine Red
Top Wood 5-Ply Sitka Spruce
Back Wood 5-Ply Maple
Side Wood 3-Ply Maple
Neck Mahogany
Fingerboard Rosewood
Body Depth 44mm
Pickups Original Type
Scale 25inch(636mm)
weight 約2.15kg
case Original Gigbag

愛知県の蟹江町にある「寺田楽器製造会社(以下寺田楽器)」のオリジナルブランドとして2013年に誕生した「Rozeo(ロゼオ)」。寺田楽器についてはご存知の方も多いと思いますが、グレッチをはじめE社、S社など多数メーカーのOEM生産を行っている国内屈指のギター製造会社です。特にセミアコやフルアコの製造技術は他社を圧倒していて、現在の国産セミアコ、フルアコの大多数はこの工場で生産されています。

Rozeoのモデルはどれも(デザイン、設計、製作を行っている)中心人物・樋口氏の「”20年後、30年後にあの頃の寺田楽器で作ってた”Rozeo”って良いよね”と言って頂ける様な誠意のある物を残していきたい」という想いで作られています。その想いで作られたギターの弾きやすさと豊かな鳴りに、試奏された方の多くが驚かれます。

ボディはレスポールをひとまわり大きくした14インチ(約35センチ)で、ボディ厚は浅胴(44ミリ)ですのでソリッドギターに慣れている方でも違和感が少なく演奏できます。ネックもソリッドギター感覚で弾けます。 重量はなんと2.15kgと超軽量ですので長時間の演奏でも楽チンです。(軽いテレキャスターですら3kg前後です。)

オリジナルデザインの洒落たサウンドホール(fホール)は ”Rozeo”のRのロゴに合わせてあります。

サウンドについては太くブライトで、分離が良くて前に抜ける感じです。P-90ピックアップ搭載モデルは低音の膨らみも少ないですので、ストロークで攻めることも出来ます。また多少のハウリングを気にしなければ、タブー視されがちな”ディストーション・サウンド”でも使えます。

「ブルースマンがさりげなくつま弾くカッコイイギター」というコンセプトですが、ロックやジャズを演奏される方からの支持も多くジャンルを越えた魅力あるギターです。 ”気兼ねなく、楽しく弾ける箱モノギター”として「Rozeo(ロゼオ)」はこちらのギターは如何でしょう?

 

Rozeo /Ladybug SM-TBC WR
販売価格 ¥174,420-(税込) 

ご購入に関してはこちらをご覧下さい。

お問い合わせフォーム

 

PAGE TOP