湿度計も消耗品

こんにちは、店主の松原です。

11月も今日で終わり、いよいよ年末の12月です!! 今年はいつもより乾燥してるみたいで、例年よりも早く指先がカサついてきています‥‥。

 店内に湿度計を幾つか設置しているのですが、個体差がどれくらいあるのか検証してみたところ、結構な違いがあったんです(汗)。湿度計はアナログ、デジタルの2種類で最近買った物から5年以上使っている物まであり、計測値の差が20%もありました。
 調べてみたところ、一般で売られているアナログ式湿度計の寿命は3~5年だそうです。部品が経年劣化するみたいです。デジタル湿度計の寿命はよくわかりませんでしたが、マンガン電池を使った方が良いみたいですよ。


 ちなみに、アナログ湿度計は100均でも売られていますが、個体差が大きいので参考程度でといった感じです。あと、同じメーカーでもデジタル湿度計とアナログ湿度計では5%ほど値が違ってました。

コスト面を考えても湿度計はある程度の物を用意して、湿度の目安として活用するものかなっと思っています。よければ参考にして下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP