入荷直後の調整で良いスタートがきれる 

 ”どうして入荷したばかりのギターを調整するのか?”・・・・

それは「もうひと手間加えた方がより馴染んで、より気持ち良く演奏できる」と感じているからです!!  

 工場で作られるギターは、モデルごとに設定された数値でほぼ均一にセットアップして出荷されています。この時点では元々バラバラであるネックやボディやパーツが繋がったばかりの状態です。人間で例えれば”赤ん坊” の状態です:笑。

そこから店でさらに手も加えていくことで、各部分が少しづつ馴染んでいき、楽器として良いスタートができるのではないでしょうか。手作業が多いことがギター作りの特徴のひとつですから、さらにたくさんの手間を掛けていく事で成長も早くなると思います!!

当店で試奏された方から「この店のギターはどれも弾き易くて、なんか良い音に感じる」と言われるのはこのひと手間を掛けたおかげだと思っています!!


オリンピックが始まりましたね~。せっかくの自国開催ですし、TV観戦しようかなと思うのですが、時間が出来るとついつい放映中の「キングダム」をリピートしてしまいます:汗。めちゃ面白いです「キングダム」!!

フォローお願いします