20,000円のギターケーブルってどうなの?

いよいよ花粉症の影響で目を丸ごと洗浄したくなってきました:汗。

さて、ギターは1万円くらいの安い物もあれば何百万する物まで幅広くありますが、ケーブルも幅広い価格帯で販売されています。

ケーブルは消耗品ですがじわじわ劣化していく為、知らない間に音が痩せている場合があります。当店では定期的に買換えをおすすめしていますが、消耗品ということもあり、良心的なコストで安定しているモガミ2524を常時在庫しています。だけど”良いギターにはより良いケーブルを使って欲しい”という気持ちもありますので、ハイエンドのケーブルにも興味が湧きます!

そんななか、国産ハイエンドエフェクター「VEMURAM」からハイエンドなケーブルが発売されました。

オリジナルデザインのプラグのバリエーションがありますが、こちらはフォスファーブロンズ製プラグで作られた約¥20,000(税込)のモデル。当店がいままで取り扱ってきたケーブルでは1番高価ではないでしょうか! ということでどれくらい良いのか?どれくらい違いがあるか?を検証してみました。

<情報量が違う>

今回違いを検証したのは、VEMURAMフォスファー・ブロンズ・モデル(¥19250-)、モガミ2524(¥4,000-)、PRS Signature Cable(¥8,800-)でした。

VEMURAM とモガミを比較すると、VEMURAMの方が音の成分が多くあり音の芯が太く感じます。より弦ごとの音のバランスが良く聞こえますので、ギターからの信号の再生能力が高いのかもしれません。また、材料の特性もあるかもしれませんが、特に中音域から低音域の成分がきちんと再生されています。ちなみにPRSとVEMURAMとでは音のキャラクターは違いますが、情報量の違いはそれほど感じませんでした。

<結論として>

比較してみると、少し高くてもハイエンドのケーブルを使った方がギターの魅力を引き出してくれると思います。個人的には1万前後のものであれば十分だと思いました。あとは”どこまで自分のサウンドを追求するのか”と定期的に買換えするコストとのバランスでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP