オイルやフィンガーイーズの使い過ぎにご注意下さい!!

2020年になり早いものでもう1ヶ月が経ちました。最近メンテナンスの依頼が増えています。ギターを定期的にメンテナンスして良いコンディションを維持して、快適に楽しく演奏して頂きたいです!! 

当店のある地域は冬になると乾燥します。店内は加湿器を使って湿度管理をしていますが、メンテナンス等で預かるギターの中には指板がカサカサに乾燥しているものもあります。その場合はレモンオイルやオレンジオイルで保湿するのですが、レモンオイルやオレンジオイルなどのオイル類を使い過ぎると、ネックの反りやフレット浮きの原因となります。フィンガーイーズ等の指板潤滑材も使い過ぎは良くないみたいです。
オイル類を指板に使う時、汚れを浮き立たせたり保湿の為にある程度染みこませます。染みこんだオイル類は徐々に蒸発していきますが、染みこみ過ぎたり常にオイルまみれな状況が続くすると、フレットの食い込んでいる部分も緩んで浮いてくることがあります。

<オイルや指板潤滑剤を使う時には>

*使う期間をあける・・・・指板の個体差や環境によって違ってきますが、少なくとも指板がまだツヤっぽい場合は使用を避けるのがベターでしょう。オイル類は1シーズンに1~2回で充分だと思います。
*長時間浸しておかない・・・・汚れ取りであれば個人的には30分以内で充分だと思います。ベタベタ感がなくなる程度までしっかり拭き取って下さい。
*指板潤滑剤・・・・フィンガーイーズは大量に使い過ぎない、もし付け過ぎた場合は軽く拭き取る。ネックから距離をおいてスプレーしてみてはいかがでしょう。弦だけに塗れるスティックタイプの潤滑剤(GHS FastFret など)を使っても良いかもしれません。

指板材にも個体差があったりコンディションも様々ですので、放置時間や使う量もケース・バイ・ケースですが、よければ参考にしてみて下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP