この季節のギタートラブルを防ぐには・・・。

ギターやベースの塗装割れや、ボディ割れが発生しやすくなる季節になっていきました。またネック材が痩せてフレットバリが出てくる事があります。ネックの反りも発生しやすい季節でもあります。


クラックやボディ割れは“乾燥”が原因でもありますが、“温度差”も原因となります。

例えば、スタジオ練習など外にギターやベースを持ち出す時、移動している間に楽器が冷えきってしまう事があります。この状態で暖かい部屋に入り、いきなり楽器を取り出しすと、“パキッ!!”とクラックが入ったり、割れてしまう事があります。

また運送会社からの受け取った直後の楽器も同様です。

こうならない為に、徐々に温度を馴染ませた後に楽器を取り出して下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP