メリットのあるギターの仕入れ

楽器業界にも商品の流通ルートは色々あります。

当店の場合ですと、PRSは輸入代理店KID、Fenderはフェンダーミュージックジャパン、他の海外メーカーはそれぞれの輸入代理店を経由して仕入れをしています。国内メーカーについても、問屋を経由して仕入れることが多く、弦やストラップやピック等の小物商品のほとんどは問屋を経由しています。

その中で「T`s Guitars」「Rozeo」は直接取引きをしています。

T`s Guitars」は長野県塩尻市に工場を構える国産ハイエンドギターメーカー、「Rozeo」は地元愛知県蟹江町に工場を構える「寺田楽器株式会社」のオリジナルブランドです。いずれもギター、ベースを作っているメーカーですが、直接取引する事で色々なメリットがあります。

メリット1 メーカーの理解度が深くなる

昨今は色々な情報が飛び交っていて、正確な情報もあればそうでないものもあります。そのメーカーについての正確な情報は、直接本人に聞くのが確実です。さらに情熱を持ってギター作りをしているメーカーは、1つの事を聞くだけで2倍にも3倍にも濃い内容の答えが返ってきます。それを繰り返す事でそのメーカーの特徴や考えや思いをより理解する事が出来ます。(実際に製造している工場も見学させてもらえますので、さらに特徴が分かっていきます。)

そして、それらをお客様に伝えることで、お客様がそのメーカーのファンになったり、興味を持ったり、理解を深めたりする事が出来ます。

Rozeo工場内

メリット2 アフターサービスがより安心

普段のメーカーとのやり取りの中で、修理やセットアップのヒントも出てきますので、お客様から相談された時の対応も早くなります。普段からのコミュニケーションがあるおかげで、複雑な内容でも伝え易く、的確な返答も早くもらえます。 また、預かったギターを送る時や戻してもらう時も問屋を中継しない為、お預りする日数が最短になります。

メリット3 良い材料が手に入りやすい

T`s Guitars については、ボディトップのフレイムやキルトなどの木目も重要となります。「同じ値段ならカッコイイ方が良いですよね!?」っという事で、定期的に工場に行って、木目を選定したメイプル材でのギターのオーダーをしています(お客様オーダーも場合も選定しています)。状況によっては、アップチャージにならない範囲でのリクエストも可能です。

T`s Guitars 木材倉庫内

メリット4 お客さんの意見を直接伝えることが出来る

どちらのメーカーも「より良いギターを作りたい」という気持ちを持っていますので、普段からお客さんの意見を気にしています。ただ、お客様と接する機会があまりありませんので、ネットなどの口コミやお店で聞いた「お客様の意見」を真摯に聞いてくれています。 来店されたお客様からは率直な意見を聞く事が出来ますので、それをメーカーに伝える事で、より良いギターを作ってくれるでしょう!

最後に

ギターメーカーの数は数え切れないくらいあり、お客様の中でも「このメーカーはどこで作っているか?」「このギターはどんな作り方をしてるか?」などを気にされる方が多くなっている様に感じます。個性を出しているメーカーもあれば、コピーモデル中心のメーカーもあります。品質も価格帯も多種多様ですし、価格と品質のバランスも様々です。調べ出すとキリがありません・・・。

そんな状況ですので、”直接取引をしているメリット”を生かした情報提供を、今後とも心掛けていきますね!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP