ギターのセットアップの順番

ホームページのトップに”弾き易い”を提案している成果かもしれませんが、ギターのセットアップの依頼が少しづつ増えてきています。

ありがたいことです!!

セットアップといっても内容が色々ありますが、当店では「弾き心地がしっくりこない」とか「コンディションが変化して弾きにくくなってしまった」など弾き心地への不満が原因で相談される方がほとんどです。 1番多い依頼内容は、「ビビらない程度に、弦高は出来るだけ低く」というものです。(弦高が低いとビビりが出易くなりますので、ネックやフレットの状態がポイントとなります。)

話を聞くと「自分でやるのがメンドくさい!」という方もいれば「自分でやってみたけど、上手くいかなかった・・・・」という方もいます。「自分でやってみたいけど、どの作業から始めたら良いか、解らない・・・・」という方も案外多いです。

当店の場合、弦高やバランスのセットアップをする時は、大まかには

1、ネックの反り調整

2、弦高、バランス調整

3、オクターブピッチ調整

4、弦高、バランスの最終調整

の順番で行います。(ブリッジの種類や元々の状態や調整する度合いで作業を省略したり、繰り返したりする場合もあります。)

 

ちなみに、弦高のバランスを変える事で弾き心地も変わる場合がありますから、「作業がメンドくさい・・・」と感じている方は弦高バランスだけを変えてみても良いかもしれませんね。 もちろん、引き続き当店へもお気軽にご相談下さい。

 

*お問い合わせの際は、「調整について」と書き加えていただけると幸いです。

お問い合わせフォーム

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP