木目フェチ必見!! 「ROZEO」の限定モデルがシブ過ぎます!!

”敷居の低い、弾いていて楽しくなる”フルアコとして、当店がオススメしている愛知県蟹江町の「寺田楽器)で全て生産されているフルアコ、セミアコ・ブランド「Rozeo/ロゼオ」ですが、6月30日、7月1日に開催された「名古屋ギターフェスタ2018」会場でも好評でした!!

そんな、「Rozeo/ロゼオ」から限定モデル ”Ladybug KOA-C”、 ”Ladybug-Bass KOA”が発売されました。(本数は”Ladybug KOA-C”が10本、”Ladybug-Bass KOA”が2本)

”Ladybug KOA-C”

”Ladybug-Bass KOA”

この限定モデルはボディにコア材を使った物で、(デザイン、設計、製作を行っている)Rozeoの中心人物・樋口氏の発案によって実現しました。

樋口氏が「木材業者さんで偶然発見した!!」というコア材、その良さを最大限に活かした”センスの光る” モデルです!!

ボディ

*ボディはコア材の合板となっています。”薄くて丈夫で鳴りの良いボディ”は板材の厚みや貼り合わせ方など色々な部分のサジ加減が重要で、今まで培ってきたノウハウが活かされる場所でもあります。

コア材はサップ(白色の部分)入りの物を真ん中で貼り合わせてあり、コア材特有の木目から更にアクセントを付けた独特の雰囲気になっています。(ローズウッド・ボディのアコギ等でもたまに見られます。)

ボディバックも同様になっていて、表も裏も木目を楽しむ事が出来ます!

ボディサイドもサップ入りの物を使用しています。表も裏もヨコも木目を楽しむ事が出来ます!!

カラー

通常は薄茶色などで着色する事が多いですが、”素材の良さを活かす”このモデルは、あえて着色していません!!

これによりさらに独特な雰囲気を醸し出しています!!

ここまでになると、木目好きには堪らないのではないでしょうか?

サウンド

ボディがオールコア材ですので、コア材独特のサウンドがします。スッキリとした音の分離感とマホガニーなどでは出にくい高音域が軽快に出ます。かと言って音のコシもありますので、アンサンブルでも使い易いのではないでしょうか!?

 

興味のある方は、是非チェックしてみて下さい!!

 

各モデルの詳細はこちら LIMITED Ladybug KOA-C、LIMITED Ladybug-Bass KOA(SOLD)

お問い合わせフォーム

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP