PRS ”Silver Sky” が入荷しました!!

遂にPaul Reed Smithの「Silver SKY」が入荷しました!!

”気になっているけど、まだ弾いていない”という方に雰囲気でも伝わればと思います。

概要

<ボディ>

(左)Squier、(右)Silver Sky

大まかには王道ストラトキャスターとディンキーサイズのイメージです。コンターは一般的な感じです。Paul Reed Smithの特徴でもある、大きめのカッタウェイも健在です。

<ネック>

S2シリーズ同様のスカーフジョイント・ネックで、ナット幅は約4.2cm、ナット付での厚みは約2.1cmとなっています。ネックシェイプは1963年、64年のストラトをモデルにした物で、ストラトとしてはやや太めに感じますが、PRSを使っている方には馴染み易いネックだと思います。(Pattern、Pattern ThinシェイプなどのようにソフトVっぽい形状ではありません)。ラジアスもビンテージ・フェンダー同等でフレットもビンテージ・タイプの細い物が使われています。

ヘッドのデザインは違和感がありますが、ジョン・メイヤーのプレイスタイルに合せたものです。一般的なストラトには見られませんが、ヘッドに角度が付けられていますのでネックの鳴り方も違ってくるでしょう。ペグも6連ではなく3:3でロック式のオリジナルデザインです。

<ブリッジ>

PRSが常々こだわりをみせるブリッジですが、基本的な構造はシンクロナイズド・トレモロです。外周やマウントビス、サドル部分の溝はコアモデルで採用されている「GEMⅢ」と同様で、材質はスチールです。アーミングの安定感もあります。

細かい部分ですが、アームまでオリジナルなんです。”PRS既製の物を流用せずに、専用の物を使う”、個人的にはPRS(ジョンメイヤー?)のコダワリを特に感じてしまう所です。

セットアップは ”ボディ鳴りを重視した” ベタ付けのアームダウン仕様となっています。よりストラト感を出したいのであれば、フローティングさせた方がいいと思います。

<ピックアップ/サウンド>

ピックアップにもPRSらしい要素が組み込まれています。(635JMの”635”は63年と64年の間=63.5 らしいです。)

PU本体の詳細はまだわかりませんが、ポールピースの高さが指板のアーチに合わせています。 サウンドについての個人的な印象としては、”低音が大人しく、耳障りになりやすい高音部分もカットされていて、ハイミッドがしっかり出ている” という感じです。フェンダー系とも違ったキャラクターです。フロントポジションでは、ハーフトーンにした時のような癖のある高音に近い音が出せます。癖がなさそうで、実はあるのではと思ってきています・・・。

総評

「結局、どうなの?このギター」という感じですが・・・、

試奏された方の共通した感想は「バランスが良い!!」でした。それ以上のところは賛否が分かれています:汗。

 

日頃から色々なメーカーが新しいモデルを発表しますが、Paul Reed Smith ほど ”オリジナル” を詰め込んでくるメーカーはなかなかいないと思います。この”Silver Sky”は、ペグやブリッジなどのパーツを開発した(なんとジャックプレートやノブまでオリジナルですよ!!)事はもちろんですが、”ストラトなら6連ペグ” とか ”ストラトにヘッド角は付けない”とかいままでの慣習にとらわれる事なく、”新しい良いギター”を作り出そうとする姿勢とPRSのコダワリが垣間見えるモデルではないのでしょうか!?

そんなワケで・・・・当店としては、Paul Reed Smithのファンの方にはこのモデルはオススメします!! S2シリーズのちょい上の仕上がりですが、PRSっぽさとPRSらしさを感じていただけるでしょう!

メーカーとか関係なく、ストラトを探されている方が「普通のストラト」のイメージでこのギター試されると、拍子抜けされるかも知れません。ただ ”なかなか良いストラトが見つからない” という方は、もしかしたらこれが”探し求めていたストラト” かもしれませんよ!!

ギターも「百聞か一見にしかず」です。

是非、ご自身でこの”Silver Sky”を試してみてください。

 

お問い合わせフォーム

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP