シールドのせいで機材が生かしきれていないかもしれません!!

”ギター本体やアンプやエフェクターには拘ってるけど、シールドは「とりあえずで」・・・”という方も多いのではないでょうか? または、”何年も同じケーブルを使っているけど、断線もしていないし問題なさそうだから、このままで良いか!”という方も多いと思います。

じつはシールドも消耗するのです!!

消耗するとだんだんと音が細くなって、ハリがなくなります。

せっかく”良い音”を手に入れる為にいろいろと機材を買ったのに、音の良さを出しきれていません:汗。 「もったいない」と思いませんか?

シールドについて気になり出したら、次の事を気にしてみて下さい。

信頼して使えるシールドですか?

ケーブルはギターからエフェクターやアンプに信号を流す役割をする物で、信号が流れる時の”障害物の一種”でもあります。ケーブルの選び方次第では音質の劣化が多くなったり、ノイズが大きくなったりします。

当店のお客様の所有している主要メーカーは「Belden」、「Monster Cable」、「Xotic(モガミ)」、「Free the tone」「Providence」等です。

ケーブルのメーカーやモデルは統一されていますか?

ケーブルは入ってきた信号を次の機材へ流す物ですので、多少なりとも音の劣化は避けられません。
メーカーは音質の劣化を少なくしつつ良い音となる様に材質や作り方を拘りますし、プレイヤーさんもケーブルの事を気にされるではないでしょうか!?。
また使う線の種類や構造で流れる周波数帯の配分が変わってきます。周波数帯の配分が変わると音のニュアンスが変わります。「低音を強調させる」「高音を煌びやかにする」「中音域を太く出す」などメーカーも色々なモデルを発売しています。
もし、違うキャラクターのケーブルの組み合わせにしてしまうと、お互いの特性を打ち消してしまう可能性があります。せっかくの良いケーブルを用意されていても、これではもったいないと思われませんか?(あえて違うモデルの組み合わせで音作りしているマニアな方もみえますが!)

シールドの長さは適正ですか?

ケーブルによっては長くなるほど音の劣化がヒドくなったり、パッチケーブルの取り回し方でもノイズへの影響が出る可能性もあります。長過ぎる故に、ケーブルが絡まって断線の原因になったり、片付けや収納に困る事もあるでしょう。 エフェクターボードの見栄えも変わってきます。

(当店ではBelden  8412 、モガミ 2524 のシールドを10センチ単位でお作りしています)


せっかく買い揃えた機材です。「それなりの品質で適正な長さのシールド」を使って、本来の良い音を引き出してみては如何でしょうか?

 

<わたくしゴト>

ゴールデンウィークはお休みをいただき、京都へ行ってきました!! 現地は多国籍のすごい賑わいでしたが、趣のある景色と空気、そして食べ物はやはり”京都” 。ただ、滞在時間より高速道路渋滞の方が長かった・・・という大型連休の洗礼を受けてしまいました・・・・汗。普段の人気の少ない平日休みはチョット寂しい気もしますが・・・・、落差アリ過ぎです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP