ギター演奏中にノイズが出始めたら・・・

演奏中に「バサバサ」「ブーン」といったノイズが出て、”ドキッ”としたことはありませんか?

このようなノイズは、初期段階ですとたまに出る程度ですが、使っていくうちに演奏に集中出来なくなってしまう程ヒドくなっていきます。最悪の場合、アンプの故障の原因にもなります。

原因

ポッドが不良の場合やアンプ、エフェクター側が原因の場合もありますが、一番多い原因は ”インプットジャックが消耗して接触不良を起こしている” 場合です。

ケーブルを差したり抜いたりする時に、ジャックとプラグが擦れる部分があります。摩擦を繰り返す事でミゾが出来て接触が悪くなるのです。(ジャックは消耗品なんです。)

解決方法と対策

症状が軽いうちは接点復活剤でしばらくは凌げるかもしれませんが、新しい物と交換するのがベストです。

そして、普段から「真っ直ぐにプラグを抜き指し」する様に心掛けて下さい。ジャックは消耗品ですので、余分な負荷を掛けないようにしましょう!

世界標準として使われているジャックは「Switchcraft」製ですが、量産品には別のメーカーを使っている場合があります。安価なジャックだと、プラグとのかみ合わせが悪かったりシールドが抜けやすかったりします。トラブルの原因となりますので、気になるようでしたら交換することをオススメします。

その他

最近気が付きましたが、「Switchcraft」のジャックには「ノイトリック」のプラグの方がぴったり合ってる気がします。 ノイトリック良いかも!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

プロダクト一覧

PAGE TOP